不動産鑑定評価・相続対策等は、当センター(事務局:ことぶき不動産鑑定所)にご相談ください。東京、埼玉、千葉、神奈川を中心に全国対応。

不動産専門家相談センター東京

【事務局】ことぶき不動産鑑定所
〒110-0016 
東京都台東区台東4丁目31-1-103

JR山手線御徒町駅北口より徒歩3分・JR山手線上野駅広小路口より徒歩8分・
東京メトロ日比谷線仲御徒町駅より徒歩1分・都営地下鉄大江戸線新御徒町駅より徒歩4分

03-6869-4626

03-6869-4526

営業時間
10:00〜20:00 無休(土日祝対応)

お役立ち情報

不動産鑑定評価業務と税金

02-鑑定業務報酬に係る領収書に収入印紙は必要か?

鑑定評価の業務報酬については、その領収書に収入印紙を貼る必要はありません。

前回は、不動産の鑑定評価をご依頼いただく場合の契約書面が印紙税法の課税文書に当たるのか、収入印紙を貼る必要があるのか否かについてご紹介させていただきましたが、今回は鑑定評価業務終了後にお支払いいただく業務報酬の領収書に収入印紙を貼る必要があるのかどうかをテーマとさせていただきます。

こちらについても結論を先にお伝えしますと、印紙税法の課税文書には該当せず、収入印紙は不要とのことです。

印紙税法では、その別表第一に課税対象となる文書と非課税文書の一覧が定められています。その中に「営業に関しない受取書」という項目があり、その詳細については、印紙税法基本通達の中で、「弁護士等の作成する受取書」という見出しで、「弁護士、弁理士、公認会計士、・・・・、不動産鑑定士、・・・・等がその業務上作成する受取書は、営業に関しない受取書として取り扱う。」と規定されているのです。

つまり、不動産鑑定の料金に係る領収書は、上記規定により非課税とされています。

契約書の場合と同様に、その法意の解釈はとても難しそうですので、これ以上は踏み込みませんが、いわゆる専門家と呼ばれる士業の業務報酬に関しては一般の売上代金とは異なる取扱いとなっているようです。

 

 

お役立ち情報

 お役立ち情報をご紹介しておりますので、参考にご覧ください。 

  • 不動産鑑定評価基準/運用上の留意事項
  • 不動産競売情報
  • 特殊な不動産の鑑定評価(更新料、底地、無道路地、高圧線下地等)
  • 相続対策
  • 借地権と底地(借地権の種類等)
  • マンション
  • 不動産取引等と税金
  • 不動産鑑定評価業務と税金(印紙税、譲渡所得税等)
  • 供託
  • 資産形成
  • 不動産投資/不動産担保ローン
  • 地域紹介/地価の推移
  • 土地区画整理事業専門家相談事例回想録

不動産のことは専門家に相談するのが無難ですね。

※新型コロナウイルス感染症対策として、Zoomミーティングを活用したご相談にも対応しています。

お電話でのご相談は下記へ

03-6869-4626

03-6869-4526
営業時間
10:00~20:00
定休日
無休(土日祝も対応)
✉メールをご利用の場合は下記をクリックください。
Zoomミーティングによるご相談は下記をクリックください。