不動産鑑定評価・相続対策等は、当センター(事務局:ことぶき不動産鑑定所)にご相談ください。東京、埼玉、千葉、神奈川を中心に全国対応。

不動産専門家相談センター東京

【事務局】ことぶき不動産鑑定所
〒110-0016 
東京都台東区台東4丁目31-1-103

JR山手線御徒町駅北口より徒歩3分・JR山手線上野駅広小路口より徒歩8分・
東京メトロ日比谷線仲御徒町駅より徒歩1分・都営地下鉄大江戸線新御徒町駅より徒歩4分

03-6869-4626

03-6869-4526

営業時間
10:00〜20:00 無休(土日祝対応)

お役立ち情報

足立区の紹介/地域の特性・地価の推移

こちらでは、東京都足立区の地域の特性と地価の推移をご紹介します。これらの内容は、東京都足立区内の土地建物・マンション等の不動産を鑑定評価する場合や相続対策、借地・底地トラブル対策等ご相談の内容に応じた各種支援サービスをおこなう場合に、参考とすべき貴重な資料となるものです。

なお、筆者は先般開催されました足立区と共催・10士業合同『(足立区)事業とくらしの無料相談会(場所:足立区勤労会館(綾瀬プルミエ内))』に相談員として参加し、足立区民の方々から財産分与や借地権の更新料についてのご相談をいただきました。専門家としての観点からアドバイスさせていただきましたが、参考になりましたでしょうか。

足立区(東京都)

【沿革等】

足立区は、その昔、海辺に接していた低湿地帯の一部で、湿原や荒地だったと推定されており、足立という地名の由来は、あたりに葦がたくさん生えていたので、「葦立ち」といったのが、「足立」になったという説があります。「足立」の地名が記載されている最も古いものは、平城京二条大路から発見された木簡で、天平七年(735年)と記されています。

鎌倉時代のころから村も増え、室町時代になって千葉氏の所領となり、その後江戸幕府の支配下になりました。明治になり東京府の所管に属し、明治11年に47カ町村をもって南足立郡が設けられ、東京府に編入されました。明治22年5月には市制町村制の実施にあたり、町村の分合を行い1町8カ村(後、明治24年には1町9カ村)になりました。昭和7年10月市域拡張により、もとの南足立郡(10カ町村)を一つの区として足立区が誕生し、その後境界変更などを経て、昭和22年地方自治法の制定により、現在の足立区となりました。

 

【位置・地勢等】

足立区は、東京23区の最北端に位置しています。東は中川をはさんで葛飾区、西は隅田川をはさんで北区、荒川区、北は埼玉県川口市、草加市、八潮市、南は葛飾区、墨田区、荒川区に接しています。

これらのうち、それぞれ最東端は中川二丁目の常磐線中川鉄橋、最西端は新田一丁目隅田川岸、最南端は千住関屋町先常磐線隅田川鉄橋、最北端は舎人四丁目の地点となっています。

東西は11.10キロメートル、南北は8.79キロメートル、北緯35度44分から35度49分、東経139度44分から139度51分に位置しています。

足立区の総面積は53.25平方キロメートルで東京23区の約9パーセントにあたり、大田区、世田谷区についで第3位の広さです。この広さは、旧東京市(15区時代)の市域とほぼ同じで、面積は隣接の区、市との境界変更による変動を経て、現在に至っています。

足立区は、その昔海辺に接していた低湿地帯の一部でした。この地域は、遠く連なる松戸・国府台の台地と、上野・飛鳥山を結ぶ台地との間に横たわっていた入江や湿原、また入り組んだ荒地であったと推定されています。

区内は全体的に平らで、人工的に築かれた荒川の堤防や公園内の丘以外に丘らしい高地はほとんどありません。北西部はやや高く、南東部に行くに従って緩やかに傾斜しながら下っていることから、昔から足立区は農耕に適していました。地勢上のもう一つの特色は、川が多いということです。東京を水害から守るために、明治44年から昭和5年まで長い歳月をかけて開かれた荒川(放水路)が、足立区を北西から南東へと流れ、区を二つに分断しているほか、四方を川で囲まれ、南に隅田川、西に荒川、新芝川、北に毛長川、そして東に中川、綾瀬川、垳(がけ)川が流れています。

 

【人口等】

(平成30年10月1日現在)

総人口:688,202人(外国人含む。)

総世帯数:345,825世帯(外国人世帯含む。)

※全体の5%弱程度を外国人が占めています。

 

【まちづくり】

平成29年策定の足立区都市計画マスタープランによると、「つくばエクスプレス」「日暮里・舎人ライナー」の開業により、足立区の交通アクセスは飛躍的に改善し、それに伴い、大学の進出、民間投資の増大がもたらされ、都市の機能面の評価は着実に向上したとされている。また、人口構造の変化について、少子・超高齢社会を迎え、まちづくりにおいても、人生100年時代への対応が迫られつつあるとし、これまでのハードに偏りがちであったまちづくりに、教育・福祉・医療といったソフト面の対策も盛り込むことが非常に重要な論点であるとしている。さらに、自治体間競争が激化するなか、どのようなまちがいつまでも安心して住み続けられ、人々から選択されていくのか、限られた財源のなかで「足立はこれ」という姿を示していかねばならない厳しい局面に直面しており、これまでの「協働」を更に進化させ、区民はもとより、企業やNPOなどと積極的に手を携え、共に地域課題の克服に汗を流し、活力にあふれ、進化し続けるまちを具現化していくとしている。

 

【産業】

足立区の地場産業としては、工業では皮革製品(くつ、かばんなど)、一般機械器具(検査機器,製造用機器など)、繊維製品(衣類など)、プラスチック製品(事務用品、玩具など) 、農業では花き栽培(キク、花苗など)、つまもの栽培(あさつき、むらめ、あゆたで、めかぶなど)、野菜栽培(コマツナ、えだまめ、ブロッコリー、ネギ、カリフラワーなど)が挙げられます。

 (足立区HP等より)

足立区町名一覧

綾瀬1丁目、綾瀬2丁目、綾瀬3丁目、綾瀬4丁目、綾瀬5丁目、綾瀬6丁目、綾瀬7丁目

伊興1丁目、伊興2丁目、伊興3丁目、伊興4丁目、伊興5丁目

伊興本町1丁目、伊興本町2丁目

東伊興4丁目、

伊興町五庵、

伊興町前沼、

伊興町谷下、

伊興町白幡

一ッ家1丁目、一ッ家2丁目、一ッ家3丁目、一ッ家4丁目

加賀1丁目、加賀2丁目、

加賀皿沼町、

加平1丁目、加平2丁目、加平3丁目、

花畑1丁目、花畑2丁目、花畑3丁目、花畑4丁目、花畑5丁目、花畑6丁目、花畑7丁目、花畑8丁目

関原1丁目、関原2丁目、関原3丁目、

宮城1丁目、宮城2丁目、

興野1丁目、興野2丁目、

栗原1丁目、栗原2丁目、栗原3丁目、栗原4丁目

古千谷1丁目、古千谷2丁目、

古千谷本町1丁目、古千谷本町2丁目、古千谷本町3丁目、古千谷本町4丁目、

弘道1丁目、弘道2丁目、

江北1丁目、江北2丁目、江北3丁目、江北4丁目、江北5丁目、江北6丁目、江北7丁目

佐野1丁目、佐野2丁目、皿沼1丁目、皿沼2丁目、皿沼3丁目、

鹿浜1丁目、鹿浜2丁目、鹿浜3丁目、鹿浜4丁目、鹿浜5丁目、鹿浜6丁目、鹿浜7丁目、鹿浜8丁目

舎人1丁目、舎人2丁目、舎人3丁目、舎人4丁目、舎人5丁目、舎人6丁目、

舎人町小台1丁目、

小台2丁目、

新田1丁目、新田2丁目、新田3丁目、

神明1丁目、神明2丁目、神明3丁目、

神明南1丁目、神明南2丁目、

西綾瀬1丁目、西綾瀬2丁目、西綾瀬3丁目、西綾瀬4丁目

西伊興1丁目、西伊興2丁目、

西伊興3丁目、西伊興4丁目、

西伊興町、

西加平1丁目、西加平2丁目、

西新井1丁目、西新井2丁目、西新井3丁目、西新井4丁目、西新井5丁目、西新井6丁目、西新井7丁目、

西新井栄町1丁目、西新井栄町2丁目、西新井栄町3丁目、

西新井本町1丁目、西新井本町2丁目、西新井本町3丁目、西新井本町4丁目、西新井本町5丁目

西竹の塚1丁目、

西保木間1丁目、西保木間2丁目、西保木間3丁目、西保木間4丁目、

青井1丁目、青井2丁目、青井3丁目、青井4丁目、青井5丁目、青井6丁目、

千住1丁目、千住2丁目、千住3丁目、千住4丁目、千住5丁目、

千住旭町、千住河原町、千住関屋町、千住宮元町、千住橋戸町、千住元町、

千住桜木1丁目、千住桜木2丁目、

千住寿町、

千住曙町、

千住大川町、

千住中居町、

千住仲町、

千住東1丁目、千住東2丁目、

千住柳町、

千住龍田町、

千住緑町1丁目、千住緑町2丁目、千住緑町3丁目、

扇1丁目、扇2丁目、扇3丁目

足立1丁目、足立2丁目、足立3丁目、足立4丁目、

大谷田1丁目、大谷田2丁目、大谷田3丁目、大谷田4丁目、大谷田5丁目、

辰沼1丁目、辰沼2丁目、

谷在家1丁目、谷在家2丁目、谷在家3丁目、

谷中1丁目、谷中2丁目、谷中3丁目、谷中4丁目、谷中5丁目、

竹の塚1丁目、竹の塚2丁目、竹の塚3丁目、竹の塚4丁目、竹の塚5丁目、竹の塚6丁目、竹の塚7丁目、

竹塚町、

中央本町1丁目、中央本町2丁目、中央本町3丁目、中央本町4丁目、中央本町5丁目、

中川1丁目、中川2丁目、中川3丁目、中川4丁目、中川5丁目、

椿1丁目、椿2丁目、

島根1丁目、島根2丁目、島根3丁目、島根4丁目

東綾瀬1丁目、東綾瀬2丁目、東綾瀬3丁目、

東伊興1丁目、東伊興2丁目、東伊興3丁目、

東保木間1丁目、東保木間2丁目、

東六月町、

東和1丁目、東和2丁目、東和3丁目、東和4丁目、東和5丁目、

南花畑1丁目、南花畑2丁目、南花畑3丁目、南花畑4丁目、南花畑5丁目、

日ノ出町、

入谷1丁目、入谷2丁目、入谷3丁目、入谷4丁目、入谷5丁目、入谷6丁目、入谷7丁目、入谷8丁目、入谷9丁目、

入谷町、

梅田1丁目、梅田2丁目、梅田3丁目、梅田4丁目、梅田5丁目、梅田6丁目、梅田7丁目、梅田8丁目、

梅島1丁目、梅島2丁目、梅島3丁目、

平野1丁目、平野2丁目、平野3丁目、

保塚町、

保木間1丁目、保木間2丁目、保木間3丁目、保木間4丁目、保木間5丁目、

北加平町、

堀之内1丁目、堀之内2丁目、

本木1丁目、本木2丁目、

本木西町、

本木東町、

本木南町、

本木北町、

柳原1丁目、柳原2丁目、

六月1丁目、六月2丁目、六月3丁目、

六町1丁目、六町2丁目、六町3丁目、六町4丁目、

六木1丁目、六木2丁目、六木3丁目、六木4丁目

足立区で、①不動産鑑定評価、②相続・事業承継対策借地と底地のトラブル解決、④土地建物・マンション取引に際しての売買価格や賃料相場に関するアドバイス等で頼れる専門家をお探しのお客さまは、当センターの無料相談をご利用ください。出張相談も可能です。必要に応じて、弁護士、税理士等の各専門家の先生方と連携してサポートさせていただきます。

財産評価親族間売買同族間売買離婚時の財産分与共有物分割民事再生(個人再生)

遺産分割、生前贈与、相続税等の節税、相続不動産の有効活用

地代・賃料・借地料・更新料・建替承諾料・名義書換料、借地権・底地売買

④土地建物・マンション取引価格の相場、家賃・地代等の賃料相場

ご相談・お見積り・解決策等のご提案はすべて無料サービスとして承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。※全国対応しています。

お役立ち情報

 お役立ち情報をご紹介しておりますので、参考にご覧ください。 

  • 不動産鑑定評価基準/運用上の留意事項
  • 不動産競売情報
  • 特殊な不動産の鑑定評価(更新料、底地、無道路地、高圧線下地等)
  • 相続対策
  • 借地権と底地(借地権の種類等)
  • マンション
  • 不動産取引等と税金
  • 不動産鑑定評価業務と税金(印紙税、譲渡所得税等)
  • 供託
  • 資産形成
  • 不動産投資/不動産担保ローン
  • 地域紹介/地価の推移
  • 土地区画整理事業専門家相談事例回想録

不動産のことは専門家に相談するのが無難ですね。

※新型コロナウイルス感染症対策として、Zoomミーティングを活用したご相談にも対応しています。

お電話でのご相談は下記へ

03-6869-4626

03-6869-4526
営業時間
10:00~20:00
定休日
無休(土日祝も対応)
✉メールをご利用の場合は下記をクリックください。
Zoomミーティングによるご相談は下記をクリックください。