不動産鑑定評価・相続対策等は、当センター(事務局:ことぶき不動産鑑定所)にご相談ください。東京、埼玉、千葉、神奈川を中心に全国対応。

不動産専門家相談センター東京

【事務局】ことぶき不動産鑑定所
〒110-0016 
東京都台東区台東4丁目31-1-103

JR山手線御徒町駅北口より徒歩3分・JR山手線上野駅広小路口より徒歩8分・
東京メトロ日比谷線仲御徒町駅より徒歩1分・都営地下鉄大江戸線新御徒町駅より徒歩4分

03-6869-4626

03-6869-4526

営業時間
10:00〜20:00 無休(土日祝対応)

お役立ち情報

弁済供託Ⅰ

ここでは、お客さまから地代、家賃等不動産の賃料に関するご相談をいただく際によく登場する「供託」についてお伝えします。

*****************************************************

1 弁済供託の意義

債務者は、契約等に基づき債務を履行する義務が生じるが、履行する意思があっても履行しえない場合があります。例えば、債権者が受領を拒否する場合や債権者の所在が不明な場合等の債権者側に生じた何らかの事情により履行できないケース、あるいは債権者が誰であるかを確かめることができないような状況にあるときは債務者は債務を履行することができません。

このような場合であっても債務者は絶えず履行の準備をしておかなければならず、また遅延損害金が発生するのを阻止することもできないとなると、債務者側の不利益は甚だしいといえます。

そこで、このような場合であっても債務者は債務の目的物を供託所に供託することによって債務を免れることとし、債務者側の利益に配慮する仕組みが弁済供託といえます。

2 弁済供託の要件

弁済供託により債務消滅の効果を生じさせるためには次の3要件を満たす必要があります。

(1)債務の目的物が供託可能なものであること

何かを付与する債務は供託することが可能ですが、何かをなす債務は性質上供託することはできません。前記のとおり、金銭、有価証券のほか、動産、不動産も供託物として供託の対象となります。

また、債務は、契約に基づくものに限らず、不法行為に基づく損害賠償債務や不当利得返還債務等についても供託することができます。

(2)債務が現存し、確定しているものであること

将来発生する賃料債務については、先払いに関する特約がない場合にはあらかじめ供託することはできないとされています。

賃料は一定の期間が経過するごとにその間における使用収益の対価としてその債権債務が生じるものですので、契約上先払いの特約がないにもかかわらず、賃料を前払いをすることは、生じていない債務に対して弁済の提供をすることとなり、受領を拒否されたとしても供託が可能となることはありません。

それでは、賃料の支払時期を例に、具体的に債務の現存及び確定をどのように判断されるのかみてみましょう。

①まず、賃貸借契約上「毎月末日払い」とされている場合は、毎月末日をもって賃料の支払期日と確定する約定と解されますので、借主が当月末日よりも前に賃料の提供をしたとしても、債務の本旨に沿った弁済の提供とはいえませんので、貸主が受領を拒んだとしても供託することはできません。

②では、賃貸借契約上「毎月末日までに払う」とされている場合はどうでしょうか。これは、賃料の支払時期を期間をもって定めたものと解されますので、当月分の賃料はその1日から末日までのいずれか任意の日に提供することができます。よって、受領を拒まれた場合はそれ以降いつでも供託可能となります。

次に、不法行為に基づく損害賠償額に争いが生じている場合についてみてみましょう。

この場合は、供託対象となる債務が確定していないようにも思えますが、客観的には初めから一定の債務額が確定しているものと捉え、民法第494条に規定される要件(受領拒否等)を満たす場合には確定債務として弁済供託することが可能です。

この場合の供託金額は、加害者(債務者)が相当と認める金額となり、不法行為に基づく損害賠償債務は不法行為の時から遅滞に陥る(判例)ことから、不法行為の時から提供日までの遅延損害金も合わせて供託する必要があります。

************************************************(供託)

第494条

債権者が弁済の受領を拒み、又はこれを受領することができないときは、弁済をすることができる者(弁済者)は、債権者のために弁済の目的物を供託してその債務を免れることができる。弁済者が過失なく債権者を確知することができないときも、同様とする。

************************************************

(3)供託原因が存在すること

民法第494条に規定される受領拒否(不受領意思明確)、受領不能及び債権者不確知(無過失)の3つの供託原因のうち、いずれか1つが存在する必要があります。

①不動産鑑定評価、②相続対策、③借地と底地のトラブル解決、④価格・賃料相場等で頼れる専門家をお探しのお客さまは、当センターの無料相談をご利用ください。出張相談も可能です。必要に応じて、弁護士、税理士等の先生方と連携してサポートさせていただきます。

①財産評価、親族間売買、同族間売買、離婚時の財産分与、共有物分割、民事再生申立等

②遺産分割、生前贈与、相続税等の節税、相続不動産の有効活用

地代・賃料・借地料・更新料・建替承諾料・名義書換料、借地権・底地の売買

④土地価格の相場、家賃相場、地代相場等

ご相談・お見積り・解決策等のご提案はすべて無料サービスとして承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。※東京・埼玉・千葉・神奈川を中心に全国対応しています。

お役立ち情報

 お役立ち情報をご紹介しておりますので、参考にご覧ください。 

  • 不動産鑑定評価基準/運用上の留意事項
  • 不動産競売情報
  • 特殊な不動産の鑑定評価(更新料、底地、無道路地、高圧線下地等)
  • 相続対策
  • 借地権と底地(借地権の種類等)
  • マンション
  • 不動産取引等と税金
  • 不動産鑑定評価業務と税金(印紙税、譲渡所得税等)
  • 供託
  • 資産形成
  • 不動産投資/不動産担保ローン
  • 地域紹介/地価の推移
  • 土地区画整理事業専門家相談事例回想録

不動産のことは専門家に相談するのが無難ですね。

※新型コロナウイルス感染症対策として、Zoomミーティングを活用したご相談にも対応しています。

お電話でのご相談は下記へ

03-6869-4626

03-6869-4526
営業時間
10:00~20:00
定休日
無休(土日祝も対応)
✉メールをご利用の場合は下記をクリックください。
Zoomミーティングによるご相談は下記をクリックください。